Topニュース・お知らせ >学研グループ【外国ルーツの子ども向け学習支援事業「For JSL プロジェクト」の体験学習を開始】

ニュース・お知らせ

ニュース

学研グループ【外国ルーツの子ども向け学習支援事業「For JSL プロジェクト」の体験学習を開始】

2021年07月01日

株式会社 学研ホールディングス(東京・品川/代表取締役社長:宮原博昭)のグループ会社、株式会社 学研エデュケーショナル(東京・品川/代表取締役社長:川端篤)は、学研グループの一員であるアイ・シー・ネット株式会社(埼玉/代表取締役社長:百田顕児)と連携し、日本で暮らす外国にルーツのある子ども向け学習支援事業「For JSL プロジェクト」を、神奈川県横浜市鶴見区で2021年7月6日より開始します。

【Supported by 学研教室 For JSL プロジェクトとは】

外国にルーツのある子どもたち(※1)に向けて、小中学生を対象として、算数(数学)・国語の学習と、その学習を通じて日本語・日本の教育における学習言語の習得を、対面型の教室形式で提供します。
教室事業の運営・指導はアイ・シー・ネット株式会社が、学研教室の学習教材・指導方法・教室運営のノウハウ提供は学研エデュケーショナルが行います。

※1 外国にルーツのある子ども:両親または親のどちらかが、外国出身者である子ども。第一言語が日本語以外の言語であることから「JSL」(Japanese as a Second Language:第二言語としての日本語)という言い方もされている。

【Supported by 学研教室 For JSL プロジェクトの特長】

義務教育の学習内容について、子どもの理解度に合わせた学習サービスを提供することが特長です。例えば中学1年生であっても「国語(日本語)は小学1年生レベル」「数学の計算問題だけなら中学2年生レベルだが、文章問題は全くできない」といった理解度のバラつきを考慮し、学研教室の豊富なオリジナル学習教材の中から、実学年での学習内容に縛られることなく最適な教材を選び、各個人の学力に合わせた学習カリキュラムを作成し、学習を進めます。

■教材による指導だけではなく、必要に応じて個別の対面指導も行います。
■学期ごとに必ず三者面談を実施します。
■必要に応じて、短期集中型の日本語能力特訓講座や、学校の三者面談同行、進路相談などオプションでサービスを提供します。

【体験教室のご案内】

7月からの1か月間は体験期間として、無料での体験教室を開講します。
■教科:算数(数学)・国語
■対象:小学生・中学生
■期間:2021年7月6日(火)~7月29日(木)
■日時:毎週火曜日・木曜日 ①16:00~17:00 ②17:30~18:30
■場所:神奈川県横浜市鶴見区鶴見中央3丁目19-11 ココファン横浜鶴見内 会議室 
■体験教室 申し込みフォーム:
https://pf.gakken.jp/user/op_enquete.gsp?sid=AGS&mid=005168mO&hid=D16KK7LG6_0

【アイ・シー・ネット株式会社】

埼玉県さいたま市中央区新都心 11-2  明治安田生命さいたま新都心ビル 27 階
代表取締役社長:百田 顕児
Tel:048-600-2500(代表) Fax:048-600-2501
URL:https://www.icnet.co.jp

【株式会社学研エデュケーショナル】

東京都品川区西五反田2-11-8
代表取締役社長:川端 篤
問合せ:広報宣伝室
Tel:03-6431-1306

【学研教室 公式ホームページ】

PC https://www.889100.com/
スマホ https://www.889100.com/smart/

【協力】

株式会社NIHONGO